浪花正宗TOP樽酒(酒樽)のご注文はこちら浪花正宗ができるまでお客様の声

<製麹>
麹室麹室に蒸し米を入れ麹菌を散布。
手作業ていねいに、ひと粒ずつバラバラにします。
酒造りで一番大事な工程です。
2日間で麹ができます。

 

 

 


溝をつけます <出麹>
 できあがった麹米を、外に運び出し、乾かします。溝をつけて表面積を広くします 。溝のつけ方ひとつとっても、杜氏一人一人やりかたが違います。

●酒造りは、1麹、2もと、3造り・・・と言われてますように、この麹造りが、酒の味に一番影響しています。


酵母 <酵母>
麹は、米のでんぷんを糖分に変える働きをします。
酵母は糖分をお酒に変える働きをします。
酵母の種類によってできる酒の性格も変わります。
これが酵母の顕微鏡写真。

 

 

 


小さい酒母タンク 酒母タンクに麹、水、酵母、蒸米、乳酸を入れ、約1週間かけて 酵母を増殖させます。
  これを食べると、とても甘酸っぱくておいしいです。でも、おいしくて飲みすぎると、歯が悪くなってしまいます。 酒母担当者は乳酸で歯が溶かされ、前歯のない人もいます。

 

<<戻る  次へ>>

TOPへ>>